取り組み

みずほ銀行を使ってみよう

みずほ銀行の投資信託

みずほ銀行の投資信託口座の開設から取引までの流れは次の様になっています。まず、みずほ銀行での普通預金口座と投資信託口座を開設する「みずほダイレクト」の契約をします。普通預金口座を持っていないと投資信託は利用することが出来ないので、必ず普通預金口座の開設が必要になります。

次に、自分が始めたい投資信託を探しましょう。インターネットで自分で探す事もできますがこの場合はある程度の知識が必要になりますので、初心者やあまりよくわからない人は、店舗や電話で専門家に相談をして探してみましょう。適切なアドバイスが得られ、自分に合った商品を見つけてくれると思います。

購入したい商品が見つかれば、みずほダイレクトのインターネットバンキングかテレフォンバンキングで購入するか、店舗で購入しましょう。初心者は、専門家に相談してそのまま店舗で購入か、電話で相談してからインターネットバンキングで購入することをお勧めします。購入後は投資信託の運用を始める訳ですが、毎日動向に注意をして運用しましょう。

みずほ銀行の取り扱いファンドは様々ですが、人気の高いファンドを紹介しましょう。購入時の参考にして下さいね。一番人気の高い商品は「DWS欧州ハイ・イードル債権ファンドのブラジルレアコース(毎月分配型)です。2位はDIAM割安日本株ファンド、3位はラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)、4位はみずほJーREITファンド、5位はピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)となっています。

ランキングはあくまでも参考にするものです。投資信託は、自分の投資目的や自分のリスクの許容範囲などでふさわしい商品が人それぞれに違います。自分に合った商品を見つける事がまずは大事な事です。独学の他にも、専門家や資産運用に慣れた人などからのアドバイスも充分参考にしましょう。みずほ銀行のサイトには、基礎から学ぶ投資信託などの記載もあるので、投資信託に興味がある人はぜひ読んでみて下さいね。