取り組み

みずほ銀行を使ってみよう

みずほ銀行の定期預金

みずほ銀行にはいくつかの定期預金があります。みずほスーパー定期は、預入期間1か月から10年の間で自由に選択することが出来、1円以上300万円未満の預け入れが出来ます。払い戻し方法は、満期日以降に一括して払い戻しとなります。預入期間が3年以上だと有利な半年複利型も選択できますので積極的に活用したいですね。みずほスーパー定期は、店舗や、みずほダイレクトのインターネット、モバイル、テレフォンバンキングでの預け入れが可能です。

預入期間は1か月、2か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、10年か、1か月超10年未満で満期日を指定するか、となっています。きめ細かい預け入れ期間の設定はみずほ銀行ならではでしょう。この商品は、預金保険の対象で保険の範囲内での保護がされます。元本保証していますが、みずほ銀行の経営状況によっては元本欠損が生じる場合があるのでよく確認をしてから利用しましょう。

みずほ大口定期預金は、1千万円以上1円単位からの一括預入商品です。預入期間は、1か月から10年までで、大きな資金を長く運用する人には向いている商品でしょう。利率は、預け入れ時の店頭表示の利率を満期まで適用します。ひとまず使う予定のない資産の運用にお勧めです。この商品も、預金保険の対象であり保険の範囲内での保護がされます。ですが、スーパー定期預金と同じく、元本欠損が生じるかもしれない、と明記されていますので利用する時には詳しく確認をしましょう。

どちらの商品も、満期日前に解約する時には、期日前解約利率が適用されます。この時、計算した利息額がすでに支払いを受けた中間払利息額よりも少ない時は差額の支払いがあります。商品の詳しい内容や金利は商品を利用する前に必ず自分でよく確認をしましょう。