取り組み

元本保証の金融商品

元本保証とは

元本保証とは、元本が満額支払われる事を保証している事で、いわゆる元本割れしない事を意味しています。例えば、資金の運用期間中に企業や銀行などが倒産や破産などをした場合に、利子は保証できないが、元手だけは確保できるように約束をしていることになります。

この、元本保証の金融商品の中にも、元本割れを起こす恐れがある商品もあります。元本保証の中には、預け先が支払います、と保証しているだけで、破綻した時には元本割れをする事もあります。一般的には、「元本保証」とあれば安心だ、というイメージがありますが、金融商品の内容によっては元本割れしてしまう可能性もあります。

元本保証を謳っている商品には、預貯金や債券類、保険などが挙げられます。預貯金に関しては、預金保険制度が適用されている分と決済性預金以外は、銀行などが破綻した時には元本割れする事もあります。決済性預金とは、当座預金や無利息の普通預金などを対象に全額保護を約束している特定預金の事です。

債券では、国債は国が全面保証しているので元本割れはないでしょうが、社債などは企業が破綻すれば危険です。保険に関しては、保険契約者保護機構制度はあるのですが、保険会社の破綻によって元本割れすることも考えられます。元本保証と言っても、全てが安全でノーリスクではない事を覚えておくと良いと思います。自分で預金商品を選ぶときには、しっかりと吟味して自分に合った金融商品を選びましょう。