取り組み

元本保証の金融商品

元本保証とリスク

元本保証とリスクは無関係な様に思えますが、実はそうではありません。元本保証の中にも、実際は預入先が破綻すると元本割れを起こす恐れのある商品もあります。一見、元本保証は安心で安全な様に思えますが、高い金利の望めない場合が多いので資産運用としてはリスクがあります。つまり元本保証だけにこだわっていると、資産を増やすせっかくのチャンスを見逃しかねないのです。

多くの人はリスク回避者であり、リターンの内容が同じならリスクを少なくしたいと考えているので、元本保証の金融商品は魅力的です。元本割れはやはりショックなでき事ですし、もともとあった大事な自分のお金が減ってしまうことは、想像したくありません。しかし、元本保証だけに固執していると資産はなかなか増えませんし、かといってハイリスクを狙って無謀な金融商品に手を出してしまうのも残念な結果になるでしょう。

そこである程度のお金があるのなら、預け先をいくつかに分けたいです。元本保証のある安全な金融商品と、最小限にリスクが限定された金融商品とに分けてみるのです。ここで大切なのは、事前にリサーチをしっかりと行い、専門家の話も聞いてみる事です。現在、利用している銀行などの金融機関の商品相談窓口や資産運用のセミナーなど、そのほとんどが無料で相談に乗ってくれるので問い合わせてみることです。

日本は今、財政難や年金問題、デフレなどの様々な不安要素があります。先の見えない将来に対して、お金を使うのを控え、なるべく貯蓄しようと思のは当たり前です。その上で、より良い将来を迎えるためにも、資産運用やお金の管理に積極的になりたいです。