自動積立定期預金とは

自動積立定期預金

自動積立定期預金とは

自動積立定期預金は、その名前の通り自動でお金を積み立ててくれる定期預金です。申し込みの際に、いつ・どの口座から・いくらを・どれくらいの期間で利用するかを決めれば、後は勝手に金融機関が行ってくれます。例えば、毎月給料日に・給料が入る口座から・3万円を・1年間利用したい、と決めた場合は、給料日に給料が振り込まれるとそこから自動で3万円が自動積立定期預金用に開設した口座に振り分けられます。

翌月も同様に振り分けられ、口座には毎月3万円ずつ積み立てられていくのです。自分でわざわざ銀行まで出かけて、貯金用にお金を移すのは手間と時間がかかって面倒です。そんな煩わしさが無いですし、残った分を貯金に回そうと考えていても結局いつも全額を使ってしまう人にとっては、給料が入ってすぐの時期に設定しておけば確実に貯金ができます。

例えば給料が20万円の場合に3万円を自動積立定期預金で預金したら、残りの17万円で生活していくことになります。はじめから給料が17万円しかなかったと思えばそれなりに上手にやりくりしていけることでしょう。そして、1年後の満期時には3万円×12ヶ月で36万円が貯金できていることになります。それほど苦労も無く36万円が貯まっていたとなれば、喜びと同時に貯金への意欲も高まるはずです。

翌年はもう少し頑張って月に5万円の貯金をしようと意気込むかもしれませんし、逆に来年は1万円にしておこうかな、と自分のペースに合わせるのも良いです。また、自動積立定期預金は定期預金の一種なので、利用期間に応じた利子が付きます。