自動積立定期預金と定期預金との違い

自動積立定期預金

自動積立定期預金と定期預金との違い

一般的な定期預金と自動積立定期預金はどのように違うのか?と疑問に思う人もいるでしょう。定期預金には様々な種類があり、自動積立定期預金はその中の一つです。定期預金は10万円や100万円というようなまとまったお金があるときに、一定の期間預金をしておく金融商品で、利用期間は1ヶ月のものから10年のものまで幅広くあり、その期間に応じた利子が付きます。

途中でお金が必要になった時は、中途解約ができたり、一部のみ引き出しが可能であるなど、銀行によって対応が違います。満期が来るまでお金を下ろせなかったり、解約手数料を取られることもあるので利用する際には確認しておいたほうが良いでしょう。

定期預金は元本が保証されるし(1000万円まで)利息も付くので、確実にお金を貯めておきたいという人には安心の商品です。一方、自動積立定期預金は毎月決まった金額を普通預金から定期預金に振り替えて積み立てていく、という仕組で1回1回の積み立てが独立した定期預金になっています。

ですから、急な出費でお金が必要な時や残金だけでは生活が苦しい時には、1回分だけ、数回分まとめて、と好きなように払い戻すことができます。手元にお金が少ししかないけれど、これからしっかり貯金をしていきたいという人には自動積立定期預金が向いています。また、自動積立定期預金を続けてある程度の金額が貯まったら、金利の良い定期預金に移し変えるのも一つの方法です。