自動積立定期預金の利用

自動積立定期預金

自動積立定期預金の利用

自動積立定期預金を利用するには、銀行や信用金庫などの金融機関に申し込みます。金融機関に行き慣れていない人や詳しい説明を聞きたい人は、窓口で職員から教えてもらいながら申し込むのが安心です。また、窓口には専用の申込用紙が置いてあるので、忙しい人はそれに記入して郵送することも可能ですし、ネットバンクを持っている銀行ではインターネットを使って申し込むことができます。

積み立てができる金額や利用期間は金融機関によって様々で、最低金額が千円からできるところもあれば1万円以上が必要なところもありますし、1円単位の積み立てが可能なところ、千円単位での積み立てのところ、そして1ヶ月間だけの自動積立ができるところ、10年間までできるところ、と自分のペースや目標に合わせた方法を選べます。

積立のタイプも、申し込みの際にいつ・いくら積み立てる、ということを決めるタイプが一般的ですが銀行によっては、あらかじめ決めておいた日に引き落とし口座の残高が指定した金額より多かった場合、その超過分を積立定期預金にできる方法もあります。例えばその口座に50万円残しておきたいと指定しておいて、決まった日に52万円になっていたらその2万円を積み立てる、翌月55万4千円だったら5万4千円を積み立てる、という具合です。

他にも、教育ローンと併用して申し込むと教育ローンの金利を下げてくれる積立定期預金、子供の人数によってもらえる利息を増やしてくれる積立定期預金など、子育てを応援してくれる積立定期預金もあります。ただし、どの方法であっても口座に残金が無いと利用できません。