家事を辛く感じさせないための方法とは

裏ワザに隠された真実とは

家事は楽しいですか。例えば楽しいと答える方に更に聞いてみると、料理が好きだという方なら、食材を吟味するのが楽しい、無心になって食材を切るのが幸せ等、ご自身が心奪われる瞬間がある家事があると、家事を楽しいと感じられています。
逆に家事が楽しくない、面白みを感じないという方の場合、さらに掘り下げて考えてみるとそこには原因があるようです。例えば包丁使いに自身がないから食材を切るのが憂鬱で料理が苦手である、また衣類を上手にたたみ収納する術がないから、洗濯やアイロンがけが億劫に感じる等、つながる原因は存在します。
家事の裏ワザは、この億劫や憂鬱に感じる家事を短時間で済ませられる術である場合が多いもの。つまり気になる裏ワザがあるということは、ご自身がその家事に関する何かしらに苦手意識がある可能性があることでもあるのです。

苦手の原因を自覚すること

もし気になる裏ワザがあるなら、まずは何故その裏ワザが気になるのかを考えてみましょう。例えば水道の蛇口を簡単にキレイにする方法の裏ワザに興味を惹かれるという場合。
本当は水道周りが雑然としており、とくに蛇口の汚れが目につくから裏ワザに惹かれたなら、蛇口周辺の雑然とした環境に問題がある。また水道に水アカが残りやすく、それで蛇口の汚れが気になる場合、水道管周辺の掃除に問題がある可能性があります。
この場合に、例えば実際に蛇口掃除の裏ワザ方法を試しても、周辺の問題は解決しないため、裏ワザを生かせたという達成感が感じられる比率は低くなります。
裏ワザを使ってもなんだか違うなと感じるのは、気になっていること、また苦手とするところが、解決した問題とは違うところにあるからなのです。


この記事をシェアする