家事が楽しくできる環境にあるのか

楽しめる家事ではなく

家事が苦手。だから何とか楽をして家事を済ませるために裏ワザを試してみたという場合、どうでしょう。こうした裏ワザは継続したでしょうか。中にはご自身のライフパターンにあっていて、継続したという方もいますが、実はそう多くはないようです。
というのも、家事を楽にするために裏ワザがあると言われていますが、そうではないから。裏ワザは楽しめる環境を整えてから行うことで、その真の良さを実感でき、実感できたからこそ継続することが出来るようになるのです。
例えば冒頭ご紹介したように、水道の蛇口の汚れが気になる場合に、蛇口周辺の収納方法が解決して蛇口周辺がスッキリしたうえで、蛇口の汚れをキレイにする裏ワザを試せば、よりスッキリ度が増し、継続することの楽しみも感じられるようになるものです。

気になるところこそ改善すべき場所

楽しめる家事というところでいえば、気になるところというのはあるものです。いつも流し台が雑然としているから家事を楽しむ気持ちになれないという場合。
流し台だけが雑然としているのではありません。流し台で洗った食器を置く場所がない。また作業スペースが狭くて洗い物をする気持ちになれない等、原因はもっと先にあるもの。この例でいえば、洗った食器をそもそも片付けるための場所が少ないため、連鎖反応で洗い場が雑然としているということになります。
例として挙げましたが、ご自身の環境を考えてみてください。最初に浮かぶ場所があるはずです。そしてこれが大切なのです。気になるところは改善したいところということ。何故気になるのか、連鎖する環境の状態はどうなっているのかを考えてみましょう。


この記事をシェアする