裏ワザはその裏に隠された工夫にある

家事の効率を上げる裏ワザの裏とは

家事の効率を上げるための裏ワザには様々な種類があります。時短のための裏ワザや味を良くするための裏ワザなど。しかし単純に見えるこの裏ワザですが、より良い家事を続けるなら裏ワザの裏を理解することが大切です。
例えば味を良くしみこませるための裏ワザとして、冷凍庫を活用した調理法があります。生の鶏肉にしょう油やニンニクをしみ込ませ、保存袋に入れて冷凍庫で凍らせることで鶏肉の細胞が壊れ、しょう油やニンニクが浸透しやすくなるという裏ワザです。
裏ワザの裏をいえば、冷凍する際には保存袋の性能を知ることが大切。長期保存したいなら保存袋は、冷凍に向いたジッパー付である方が良いですし、半日程度寝かせるだけならポリ袋などでも保存可能。袋なら何でもいいと考えていると、裏ワザの良さが生かされなくなってしまいます。

裏ワザを活用する工夫とは

利便性の高い家事の効率を上げる裏ワザですが、何でもかんでも試してみればいいというものでもありません。真に効果的で実用的な裏ワザを継続するには、工夫が大切です。
例えば鶏肉の例で続けてみましょう。家族が鶏肉料理を好きで、夕食の献立を考える家事の効率をあげるために冷凍鶏肉料理をストックしておこうという場合、冷凍保存に向いた収納袋で複数の味付けを加えて冷凍しておく工夫をしておきましょう。忙しい日や複数の料理を準備できないときに、この冷凍庫のストックを使えば味のしみた鶏肉料理をすぐに準備出来ます。
逆にその日の気分で料理するという人は味をしみ込ませる必要はありません。しかし冷凍でもすぐに取り出して使えるよう、鶏肉をくっ付かないよう冷凍しておくといった裏ワザを使うと楽ができます。
ご自身の環境や使い勝手に合わせる工夫も大切です。


この記事をシェアする